当院のご紹介

飼い主様に「一生つきあっていきたい」と言ってもらえる動物病院

当院はペットのトータルケアに力を入れています。

動物病院に来院されるときの理由が、「ペットの様子がいつもと違うから」がほとんどです。でもそれはすでに病気にかかっている状態かもしれません。
当院ではトリミング施設やペットホテルを併設することで、少しでもペットに触れる機会を設けています。そうすることで、トリマーが皮膚病を発見したり、ペットホテルで一日預かることで獣医師が違いに気付き、病気を未然に防ぐことができるのです。
さらに、当院ではペットの社会性を養うためのパピークラスをご用意しています。パピークラスは生後5ヶ月までの仔犬を対象にしており、他の犬や人との接し方やしつけ(噛み癖、トイレ)など多くのことを学ぶことができます。初めてペットを飼われる方、飼ったばかりの方にもぜひおすすめです。
このように当院では、動物病院としてだけでなく、トータル的にサポートできる様に環境を整えています。

また院長が創業時から目指しているのが、「地元に根ざした動物病院」です。
院長自身、鶴見の出身です。慣れ親しんだ、地元鶴見で動物病院を開業し、多くの方に親しまれてきました。
創業当時から忙しかったり、家庭の事情などで動物病院に来院できない飼い主様のため、往診を行っています。
さまざまな事情で動物病院に来られない、多くのペットのために自分ができることを日々行っています。

いつも笑顔で往診に行く五十嵐院長 白衣に着替え、診察を行う

当院はスタッフがすごいんです!‐五十嵐院長を支えるスタッフとの絆‐

当院では、来院したペットの症状から飼い主様が「どのような様子だったか」など、スタッフ間で情報を共有しています。
何かあると全員でよく話し合い、獣医師、トリマーそれぞれの目線から双方にやりとりを行うことで病気の早期発見につなげています。
またスタッフ同士がとても仲が良く、頻繁にコミュニケーションを取ることで、細かいことにも目を配っています。

スタッフには積極的に「コミュニケーション向上を図るセミナー」や「トリマー向けの勉強会」など、最新の医療知識や技術を得るためのセミナーや勉強会に参加させています。
新しい知識を取り入れることで、さらにより良いサービスが提供できます。

その他、スタッフ同士で、皆さんに楽しんでもらえるような企画を立てたり、治療についてわかりやすく説明したポスターを作ったりと色々工夫しています。
ちなみにこのホームページで使われている、私たちの似顔絵や犬のイラストはスタッフが全て手書きで描いたものです。特徴をよくとらえた可愛いイラストです。

院長、スタッフともに互いに信頼し、支え合っているのが「三ツ池動物病院」最大の特徴です。

ハロウィン前にはスタッフ全員で、夜遅くまで「飼い主さんやペットに」と無添加の素材のみ使用した安全なお菓子を考案! ポスターや掲示物も「すべてスタッフの手作り」

スタッフ紹介

院長  五十嵐 眞一(獣医師 獣医学博士)

【所属団体および学会】

横浜市獣医師会、動物臨床医学会、日本獣医循環器学会、
日本獣医皮膚科学会、日本比較眼科学会、日本獣医臨床眼科研究会、
日本獣医がん研究会、日本小動物歯科研究会、日本獣医東洋医学会、
日本臨床医学フォーラム、日本先天異常学会、日本動物病院福祉協会

キャリアカレッジジャパン【動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座】の監修を務める。

獣医師カレンダーを確認 担当医の勤務日をご確認いただけます♪

はまれぽからインタビューを受けました! 担当の方が細かく、丁寧に質問してくださり、こちらもリラックスして応えることができました!
私たちが伝えたいことがしっかり伝わっているインタビュー記事なので、よろしければご覧ください!

はまれぽのインタビュー記事を見る

院内フォト

院内はいつも清潔に衛生面にも気を配っております。 ワンちゃん、ネコちゃんの気持ちを最優先に、無理のない最善の診療をいたします。

スマ-トフォンサイトを表示する